動物園の目的

下記の4項目は(社)日本動物園水族館協会からの引用です。

  1. 命に触れる憩いの場(リクレーション)
  2. 楽しく学ぶ教育 環境教育
  3. 動物を絶滅させない(種の保存)
  4. 動物のことを調べる(調査・研究)

私なり解釈

上の(社)日本動物園水族館協会 でも動物園の目的の1と2に関して考えてみましょう。

「命に触れる憩いの場」とは、普段の生活では目にできない動物を身近に感じながら触れ合うことができるとても楽しい場所の提供すること。

「楽しく学ぶ 教育」とは幼児から大人まで動物のことを気軽に調べたり、学べる場所の提供を提供すること

環境の変化などにより、絶滅などが懸念されている希少動物の保護の場所

新しい動物の生態などを研究する場所

1、2については見るお客さんの立場からみた目的であり、気軽に大勢の人たちが楽しんだり、勉強したりするのは低料金でこれらを提供することが必要だと思います。そのためにも公共の動物園はとても貴重なんです。

もう一歩進めて

上の(社)日本動物園水族館協会 でも動物園の目的の3と4に関して考えてみましょう。

「動物を絶滅させない(種の保存)」とは生息している数がとても少ない、希少動物などの保護や繁殖する施設であること。

「動物のことを調べる(調査・研究)」とは動物の隠された生態や能力を研究する施設であること。

環境の変化などにより、絶滅などが懸念されている希少動物の保護の場所

新しい動物の生態などを研究する場所

3、4については動物園で働く人たちや動物の研究機関の仕事ですが、多くの人が動物園に遊びきてくれないと。動物園の人たちは3.4の仕事ができなく可能性があります。みなさんもご存知だと思いますが動物園を運営している自治体の財政状況は厳しく、動物園などの運営にもいろいろな問題が出てきています。
3.4がしっかり達成されないと今は動物園で見れる動物も将来は動物園にいっても見れない動物がたくさんいるかもしれません。同然、動物園に遊びいくだけではなく動物の種類が少なくなっている一つの原因でもある環境問題を考えてみることもとても大切なことだと思います。

 

関連サイト

Copyright (C) 2008 kage, All rights reserved.