動物園の魅力

私が思う動物園の魅力とは

  1. 低料金で一日楽しめる場所
  2. 普段、触れたり、見たりすることができない動物のみることができる。
  3. 命の大切さや環境の保護の大切を身近に感じられる場所

低料金で一日楽しめる場所

 動物園特に公立の動物園の魅力とはやはり、小さな子供からお父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんが家族でいっても入場料などが全員でも数千円程度で一日過ごせて、触れ合える場所だということだと思います。
  私の足しは子供もう大きくなってしまって動物園などにはあまりいかなくなりましたが子供が小さいときには頻繁にいったことを覚えています。
  また、最近の動物園はいろいろなイベントや動物の見せ方にも工夫をしているところが多く大人になっても十分楽しめる場所になっています。

動物の生態に触れることができる(勉強ができる)

 このサイトを作るにあたり、久しぶりに動物園に足を運びました。そこの動物園でも動物の生態についてかなりくわしい説明や解説などがありました。私もキリンの前で1時間ほど写真を撮ったりしましたが、えさ(木の葉)を食べるところを見ましたがやはり高いところが食べやすいようです。その合間に飼育員さんと少し話したところ野生のキリンは立ったまま寝るとか、寝ないか見てましたが後でもう一度聞くとキリンはほとんど寝ない動物だそうです。また、キリンの血圧はすごく高いそうです。やっはり長い首に血を送るには高い血圧が必要なのでしょうか、見るだけでなく動物園の人と話すといろいろなことがわかりました。野生と動物園いる動物は危機感がなく生態の一部は違うようですがやっはりよく見たり聞けば興味はつきません。

命の大切さや環境の保護の大切を身近に感じられる場所

 子供大きくなり、それほど多く動物園に行く機会はなくなりました。しかし、このサイトを作るにあたり、多くの動物園のサイトを見て気がついたことがあります。多くの動物が絶滅の危機にあり、ワシントン条約などで動物の輸入などに多くの制限がつけられています。動物園の動物も簡単に増やしたりはできないようです。そこで動物園では「種の保存」を目的に動物園で貴重な動物を増やすことに力を入れているそうです。そのために動物園どうして動物のやりとりをして貴重な動物の繁殖に力を入れています。多くの動物園にいる動物も日本生まれの動物の比率が強まっています。最近の動物園は動物の赤ちゃんが生まれただけでなく、長く動物園にいた動物のなくなった情報も載せることが多くなったような気がします。動物と環境に関することも動物園にいくといろいろなことがわかります。

関連サイト

Copyright (C) 2006 kage, All rights reserved.